nomumini blog ミニマルライフときどきキャンプ

ogawa アポロンレビュー|ファミリーキャンプ のテント紹介

CAMP

我が家の3代目のテント、2021年5月現在は、購入から2年経ちました。

アポロンはシート類セットにすると20万弱となかなかの高価格なので、購入に踏み込めない方も多いのではないでしょうか。

我が家の2代目テントは5万円くらいだったので3倍以上、もちろん購入するにあたりかなり悩みましたが、一年たった今も、アポロン購入は我が家にとって大正解だったと思っています!

アポロンは初心者から上級者まで人気の高いテントですが、実際に使ってみるとその理由が本当によくわかりました。

アポロンをおすすめする1番の理由は、4シーズン全天候に対応していてどんな時でも快適なキャンプを楽しめる!ということ。

今回はアポロンを使った感想とおすすめな理由をまとめましたので、アポロンの購入を悩んでいる方の参考になれば幸いです。

アポロンを購入した理由

元々はグランドキャニオンインディアナというインポートのテントを使用していたのですが、雨の日に何度も利用していたら、雨漏りするようになってしまった為買い替えを検討。

また、テントとタープを両方設営するのがだんだん面倒になってきてしまい、タープなしでもいけるよう、2ルームテントで探していました。

2ルームテントをいくつか比べてみて、以下の理由でアポロンに決めました。

  • 見た目がかっこいい
  • 4シーズン、全天候型対応
  • 日本のメーカーという安心感
  • 色味が手持ちのギアと合う&ベーシック

あまり複数のテントを持ちたくない我が家にとっては条件ぴったりのテントでした!

実際に使ってみた感想

設営は大変

慣れるまでは、youtubeでogawa公式の設営動画を観ながら設営しました。

» ogawa | Apollon .1

実際に設営して見た感想は、以下のとおり。

  • 男性一人でできなくはないが、大変
  • 女性一人だと無理だと思う(身長・力が足りない)
  • ポールにピンを差し込む時、コツを掴むまで大変

ぶっちゃけ設営は慣れるまでは結構大変です。特に、真夏はちょっときついですね。

アポロンは高さもあるので、身長155cmである私は未だ一人では設営できません…

また、ポールにピンを差し込むのが大変というところは、アポロンの設営で誰もが大変に感じるであろう部分です。

実際私も、変な方向に力を入れて一度ポールを折ってしまいました・・。

何度か経験して見つけたコツとしては、

ポールを入れる裾を引っ張りながら入れる

ポールが変な方向に曲がっていないかを確認しながら行う

というところです。

※折れたポールは後日公式サイトで購入しました

ポールにピンを入れる難関を乗り越えてしまえば、あとは簡単です。

外側のガイロープ、ペグ打ちをしなくても安定するので、 風の強い日以外は外側のペグ打ちはしていません。

撤収はスムーズ

設営ほど大変ではなく、あっという間に終わります。

強いて言えば、かなり重いので、車に積み上げるのが大変なくらい。

他のテントで撤収作業をしたことがある方にとっては、「アポロンは撤収が大変!」ということは特にないかなと思います。

リビング部分が狭い

インナーテント(寝室)を張るとリビング部分が意外と狭いです。

リビング部分にものをたくさん置いてしまうと、歩くスペースがあまりなくなってしまいます。

広く使う方法としては、日中はインナーシートなしで全面リビングとして使う、という手もあります。

また、外側にタープを連結させて、外までリビングとして広げて、広々使うのもありです。

(我が家では面倒なのでタープ連結はしていません…)

悪天候に強い

ポールの数が多い分、他のテントに比べて風に強く頑丈です。

フライシートがあるので雨や夜露にも強いのも安心ポイント。

↑強風に耐えています…!

夏キャンプでの感想

夏はフルメッシュにできるので、風がよく通って涼しく、虫が入って来にくいのはありがたかったです。 インナーテントの入り口を日中は閉めておくと熱がこもるので、開けておいて風を通し、夜には閉めるようにしました。

ただ、炎天下の中でのアポロンの設営は過酷です。

虫嫌いでない方で真夏にもキャンプをする方にとっては、もっと設営が簡単なテントの方がいいかもしれません。

冬キャンプでの感想

冬キャンプではアポロンの良さを一番感じました!

テントの裾部分にスカートが付いているので、冷気が中に入ってない為、ストーブを使うと冬でもリビングがかなり暖かく、幕内はポカポカでした。

アポロンは全方面メッシュにすることもできるので、ところどころメッシュの状態にして、換気ができるのも安心です。

アポロンはこんな人におすすめ

アポロンは以下のような人におすすめです。

  • 男前なテイストが好きな人
  • 1つのテントを永く使いたい人
  • オールシーズンでキャンプをしたい人
  • ファミリーやグループキャンプで使いたい人

アポロンのスペック


重量 総重量(付属品除く):23.0kg
フライシート:約10.7kg ルーフフライ:約1.2kg
インナーテント:約3.2kg ポール:約7.9kg
素材 フライシート:ポリエステル210d (耐水圧1,800mm)
インナーテント:ポリエステル68d
グランドシート:ポリエステル210d (耐水圧1,800mm)
ルーフフライ:ポリエステル75d (耐水圧1,800mm)
メインポール:アルミφ19mm×2、アルミφ17.5mm×2
リッジポール:アルミφ14.5mm×3
収納 80×45×35cm
付属品 張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋

アポロンに合わせるおすすめアイテム

ここで1つおすすめがあります。

それはコールマンのインフレーターマットハイピークです!

アポロンのインナーテントにハイピークのシングルとダブルを合わせるとちょうど良い幅で、寝心地も最高になります。
アポロン+ハイピークがあれば、ファミキャンの快適さはパーフェクトです。笑

キャンプクエストでレビューを寄稿していますので、こちらもぜひご参考ください。

» キャンプクエスト|まるでベッド!Colemanのインフレーターマットハイピークで快適な睡眠を手に入れよう

アポロンで1年中快適なキャンプをしよう

以上、ファミリーキャンプで使用しているテント、ogawaアポロンについてご紹介しました。

アポロンは設営さえ慣れてしまえば、1年中快適なキャンプを楽しむことができるので、
ファミキャン用にスペシャルなテントを1つ欲しい!という方には自信を持っておすすめできます。

特に個人的には、冬キャンプを快適に楽しめるようになったのが、一番のメリットとも言えます。
冬はキャンプ場も比較的空いていますし、空気も澄んでて気持ちが良いので、冬キャンプが楽しめるようになると最高ですよ!

参考になれば、幸いです♪( ´θ`)ノ

スポンサーリンク