nomumini blog ミニマルライフときどきキャンプ

人見知りだし何者でもないけど、今話題のClubhouseを楽しめたという話

SNS

Clubhouseという音声SNSが流行っていますね。

ツイッターやインスタでは有名人やフォロワーの多い人が「clubhouseはじめました!」と言っているのを見かけます。

噂によると、「音声のみでいろんな人と会話ができるSNS」で、参加するには「既に参加している人からの招待が必要」とのこと。

この情報を目にして、私は「自分の元に招待が来るなんていつになるかわからないし、参加できたとしても人見知りでしゃべるの苦手だし、無縁だな〜」
と思っていました。

ですが、なんだかんだ一般人にしては早い方(?)の2021/2/11からclubhouseに参加できて、しかもそれなりに楽しんでいるのです!

今回は、私がClubhouseに参加した方法と、参加した感想を人見知り目線でお伝えします。

このブログを読んで欲しい人

人見知りだし、何者でもないし、Clubhouseとは無縁!!
でもちょっと気になる、という人。

[rtoc_mokuji title=”” title_display=”” heading=”h3″ list_h2_type=”” list_h3_type=”” display=”” frame_design=”” animation=””]

Clubhouse(クラブハウス)とは

2020年4月にアメリカでリリースされた実名制招待制の音声SNS。

日本では2021年にリリースされてネット界隈で話題になりました。

2021年2月現在はIOSのみの対応のため、Androidユーザーの方は利用することができません。

Clubhouseに参加する方法

Clubhouseは招待制なので既に参加しているユーザーからの招待が必要です。

フリマアプリで招待枠が売られていますが、電話番号を教えないといけないので、この方法は購入はおすすめしません。

私の場合、以下の方法で招待を早い段階で招待をもらうことができました。

招待がなくてもアカウント登録をしておく

招待されていなくてもアカウント登録までは進めるようだったので、
アプリをダウンロードして登録をしてみました。

登録後は、招待待ちの状態になり…(英語がよくわかないけど)

アカウント登録をした翌日に、このようなメールが届きました。

翻訳すると以下のような内容。

◯◯(友人の名前)があなたを順番待ちリストの先頭に移動し、クラブハウスアカウントの準備が整いました!このリンクを使用して開始してください!

招待してくれた友人に連絡して聞いたところ、「Waiting listに入っていて、招待枠が余っていたから招待したよ!」とのこと。

[chat face=”img_9971.jpg” name=”nomumi” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]感謝!!![/chat]

恐らく、相手の電話帳に自分の電話番号が登録されていると、こういったように招待枠を持っている友人が気づいてくれるようです。(私の電話帳には、家族くらいしか登録されてなかったので)

このようなパターンもあるので、Clubhouseを使いたい方は、招待前でもアカウントを登録しておくのをおすすめします。

アカウント登録時の注意点

名前変更は2回までしか変更できない

ClubhouseはFacebookのように実名制の登録方法になっています。

Firstname, Lastnameとあると、うっかり実名で登録してしませんか。

私の場合、SNS上に本名は公開していないのですが、流されてうっかり実名で登録してしまい1度変更をしました。

表示名も2回までしか変更できない

表示名をフルネームではなく、ニックネームに変えたい場合、こちらで変更が可能です。

が、こちらも2回までしか変更ができません。

名前の変更については、Clubhouse側に問い合わせれば変更ができるという話もありますが、
英語で問い合わせる必要があるのと、本当に変更してもらえるのかは謎です。。

最初から招待枠があるわけではない?

1人につき2人までの招待枠があると言われていますが、私は登録して1週間以上経ちますが、最初から招待枠がありません。。

毎日ログインしたり、積極的にClubhouseを活用することによって、招待枠が増えるという方もいるようですが、確実な情報は公開されていません。

[chat face=”img_9971.jpg” name=”nomumi” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]一応、1週間毎日何かしらのルームに参加していたのですが・・一向に増えない。[/chat]

Clubhouseの基本的な使い方

オーディエンスとして参加

著名人やインフルエンサーなど、自分が気になる人をフォローしておくと、その人が参加している「ルーム」という部屋が表示されます。

まずはその中にオーディエンスとしてその部屋に入り、会話を聞くことができます。

Hands UPで会話に参加する

参加しているルーム内で手をあげて、会話に参加することができます。

ルームにいるメンバーや人数によってはなかなか緊張しますが、積極的に手をあげることで、
登壇者となり、意見をのべたり、登壇しているメンバーと会話をすることができます。

モデレーターになる

自分でルームを開催し、そのルーム内での進行管理や、登壇者の指名ができる権利を持った人をモデレーターと呼びます。

司会や会議進行役のようなイメージですね。

[chat face=”img_9971.jpg” name=”nomumi” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]これは無理だー[/chat]

1人ではなく、複数人でモデレーターの権利を持つこともできて、モデレーターが退出する場合は、他の人にモデレーター権限を渡すこともできます。

進行役が得意な方は、そのスキルを生かしてClubhouseで活躍することができそうです。

(人見知りだけど)Clubhouseを利用した感想

英語なので、なかなか慣れない

1つ目は人見知り関係ないですが、表示が全て英語なので、よくわからないことが結構ありました。

さらに、コピペして翻訳できればいいものの、コピペができないのが面倒でした。。

人見知りでも、リアルよりは話やすい

人見知りでも初対面の人とリアルよりは話しやすいと思う理由が2点。

  • 声だけなので、顔が映らない(相手の表情も見えなくていい)
  • アーカイブが残らないので安心して話せる

人見知りというか、HSP目線でもありますが。

相手の表情が見えないことで話しやすかったりもします。

アーカイブが残ると思うと「変なこと言えない!」と気を張ってしまいますが、
残らないので、その点では気楽に話すことができます。

1度会話に参加できたことが小さな成功体験に

とあるミニマリストブロガーの方が開催している早起きのためのルームに3日連続で参加していたのですが、

2日目のルームが終わった後、「明日こそは手をあげよう!」と意気込んで、そのブロガーさんのinstagramの投稿に「今度お話ししたいです」と投稿。

3日目、ルームに参加したけれど、やっぱり緊張して手をあげられず。。

[chat face=”img_9971.jpg” name=”nomumi” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]動作としては「手」のマークを押すだけですが、この動作すらも手が震えます。笑[/chat]

そうしましたら、なんと、手はあげてないのに指名で登壇させてもらいました!

(インスタのコメントを見てくれたのか、毎日来ていることに気づいてくれていたからかも?)

途中で子供の声が入ってしまう事件もありましたが、少しお話しさせていただことができました。

[chat face=”img_9971.jpg” name=”nomumi” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]その方の本も何冊も読んでいたので、まさかお話しできる日がくるとは・・![/chat]

これが私にとっては小さな成功体験になりました!

朝活系のルームが早起きを習慣づけるきっかけに

毎朝決まった時間に始まる「朝活系」のルームがいくつかあります。

早起きが苦手でも、これらのルームに参加して聞く習慣をつけるだけでも、1つのきっかけになって早起きができるようになると感じました。

時間が溶ける感覚はない

Clubhouseの感想として、「楽しすぎて時間があっという間に過ぎる!寝不足!」というような声をよく聞きます。

30分〜1時間くらいで閉まるルームに参加することが多いからかもしれませんが、個人的にはその感覚はなかったです。

「時間が溶ける」感覚はがあるのは、人見知りがなくて、おしゃべりが好きな性格の人の感想なのかな、と思いました。

まとめ

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

Clubhouseの感想の記事はいくつも見かけますが、みんな積極的だし、人見知りな性格からはハードルが高いんだろうなあと思っていました。

ですが、実際利用してみると、聞くだけでも楽しめますし、使い方によっては「人見知り克服」にも役立つのでは?と感じました。

また、招待も意外なところからもらえることもあるので、気になる方はまずはアカウント登録をしてみてください。

参考になれば幸いです!それでは。

スポンサーリンク