nomumini blog ミニマルライフときどきキャンプ

「写ルンです」でタイムスリップ|初めてスマホデータ転送サービスを利用

カメラ

「写ルンです」と聞くと、「懐かしい〜」と思う方がほとんどではないでしょうか?

販売開始されたのは1986年。

私(30代前半)は高校生くらいまではよく使っていた記憶ですが、成人式にはもうデジカメに移行していました。

そしてどうやら「平成レトロ」として若者の間で密かなブームが来ているんだとか。

確かに最近はスマホの写真にも飽きてきたし、娘と一緒にインスタントカメラを持ってお散歩でもしてみたら楽しいかも?

ということで、久しぶりに買ってみました。

「写ルンです」を買える場所

写ルンですは家電量販店や、カメラのキタムラなどの写真屋で購入できます。
でも私が購入したPALLETE PLAZA(パレットプラザ)という写真屋で、その他にもローカルな写真屋でも売っていました。

amazonや楽天でも販売されています。

店舗では200円引きセールをしていたのでお安く購入しました。

ちなみに、昔は写ルンですにも種類があった記憶ですが、今ではほぼ1種類しかしかないようですね!

枚数も27枚撮りしか見つかりません。

1日使ってみた感想

27枚って少なそうに感じたけど、失敗しないように気をつけて撮るからか、お散歩やちょっと公園に寄るだけだと撮り終わりませんでした。

子どもに渡してパシャパシャ撮ってもらうとちょうど良かったです。

値段的にちょっともったいないですが、子どもが適当に撮った写真も、意外と良い写真が撮れているかも?
と思うとそれはそれでいいかな〜という感じで、好きに撮らせてみました。

普段歩く道も、写真を撮るためにいろいろ観察しながら歩けるのが良かったですね!

PALLETEのスマホデータ転送サービスを利用

PALLETE PLAZAでカメラを渡す

スマホ転送サービスを利用するためにPALLETE PLAZAにカメラを持って行きました。

レジでカメラを渡して「スマホ転送お願いします」と伝えるのみ。

名前と電話番号を伝えると、お店の方が用紙に記入をしてくれました。

夕方に持っていたからか、出来上がりは翌日の13時以降とのこと。

なんとなく、スマホに写真が送られてくるのかな〜と思ってしまいましたが、
取りに来て、データDL用のQRコードを受け取らないといけないみたいです。

※かかる日数は店舗や日によっても異なります

指定日時以降にカメラを受け取る

指定された日時以降にカメラを受け取りに行きました。

かかった金額は、

現像代715円+スマホ転送330円=1,265円

ちょっと高い印象。いや、デジカメとスマホ撮影がコスパ良すぎる時代だからか…

今回スマホ転送だけでプリントはしていないのですが、またま2枚現像してくれるサービスをしていたようで、写真も入っていました!
(その2枚はどうやらお店の方が選んだそう。)

ネガも入っていて、なんだかこの感じが懐かしい…!

データダウンロード用のQRコードと、説明書(案内所?)も入っていました。

※データのダウンロード期限はQRコード発行日から1週間

写ルンですで撮った写真たち

QRコードを受け取ったら、早速写真をダウンロード。

その写真がこちらです↓


photo by 娘。
トイカメラ風…! 足は私です。子ども目線な構図が良い感じです。


photo by 娘。
お花を撮っていました。これまたレトロ。


photo by 私。
お花をたくさん撮りました。


photo by 私。
平成生まれの娘が昭和っぽくなってなんだか嬉しい。

他にもいい写真がたくさん撮れて、インスタントカメラだけでアルバム作るのも楽しそうだな〜と妄想しました。

ちなみに、娘が撮った何枚かは真っ黒。
私が撮ったも何枚かは指が写っていました。笑

スマホやデジカメと違ってちょっと難しいです。。

「写ルンです」のスペック

現役でインスタントカメラを使っていた頃はスペックなんて気にしたことはなかったですが、久しぶりに使ってみるとなんだか興味深いものがありました。
当たり前ですが、デジタルカメラと同じように、F値とかISOとかあるんですね。

フラッシュを使って撮ると目が赤くなったりするのも、思い出すとなんだか懐かしくて見てみたい気がしました。

フィルム ISO400 135フィルム
レンズ f=32mm F=10 プラスチックレンズ1枚
シャッタースピード 1/140秒
撮影距離範囲 1m~無限遠
ファインダー 逆ガリレオ式プラスチックファインダー
フラッシュ 横10.8cm 縦5.4cm 幅3.4cm
寸法 内蔵(有効撮影距離:1m~3m)パイロットランプ付スライド式フラッシュスイッチ
重量 90g

高画質に飽きた時におすすめ

スマホのカメラ性能がどんどんよくなっているのは嬉しいけれど、なんとなく綺麗な画質に飽きてしまったときに、たまにはインスタントカメラを使ってみるのはいかがでしょうか。

撮ったときにすぐに確認できなくてタイムラグがあるということもあって、現像したとき(データをみるとき)のワクワク感はたまりません!

タイムスリップしたような、どこか懐かしい気持ちになれますよ。

旅行やキャンプに行く時も子どもに渡してみるのも楽しそう。

デジカメでオートモードを辞めたらカメラ熱が復活した|覚えたのは3つだけ

スポンサーリンク