nomumini blog ミニマルライフときどきキャンプ

kindle端末って実際どう? *寝る前に読書するならおすすめ

REVIEW

kindle端末を購入してから1年くらい経ちました。

使っている時期もあれば、使わない時期もあり…

もういらないかな?と思ったりもしたけど、なんだかんだkindleは便利。

kindleを使わない時期=本を読まない時期という感じでした。

やっぱりkindleがあるとよく本を読むようになります。

kindle端末を良いところ

目に優しく、寝る前に読める

寝る前にスマホなどの電子機器を見ると、ブルーライトを浴びてしまい睡眠の質が下がります。

でも、ブルーライトカットされたkindleは目にも優しいので、暗い部屋でkindle端末を使って読書をしたあともぐっすり眠れるのです。

スマホだと目が冴えますが、kindleは読んでいるうちにうとうと眠くなります。

暗い部屋で本が読める

紙の本を寝室で読もうとすると照明が必要ですが、kindleは暗い部屋で読めるところも良い点です。

家族が同じ寝室で寝ていると、照明をつけて読書するわけにもいかないですよね。

部屋のすみっこでkindleを読んでいるぶんには、眩しい思いをさせなくて済むので、気を遣いません。

暗い部屋で本が読めるというだけで、本をよく読むようになりますよ〜

kindle端末のイマイチなところ

動作が遅い、たまにバグる

スマホやPCのスムーズな動作に比べて、kindleの動作はおっそいです。

そして私の操作がおかしいのか、たまにページが数ページ戻ったり、謎な動きをします…

これに耐えられない人も、いるかもしれません。

充電が面倒

他の電子機器にも言えることですが、充電ってやっぱり面倒ですよね。

kindleを毎日充電する習慣がないこともあり、充電が切れてしまうとしばらく放置し、しばらく本を読まなくなります。笑

持ち運ぶほどではない

kindleは薄くて軽いですが、正直外出で持ち運ぶほどではないと思います…

外出時はなんだかんだ荷物になるし、スキマ時間で使うには動作が遅くて追いつかず、スキマがなくなります。笑

外出時はスマホのkindleアプリの方が手軽だし早くて良いですね。

雑誌が読めない

雑誌。読めなくはないですが、kindle端末はモノトーンなので、雑誌を読むには微妙ですね。

雑誌を読むにはタブレットがおすすめです。

寝る前に読書するならおすすめ

といういくつかのデメリットはありますが、寝る前の読書を習慣にしたい方にはkindleがおすすめです。
逆に、日中にしか使わないのであれば、スマホのkindleアプリでいいんじゃないかと思いました。

寝る前のスマホ習慣がある方にとってはスマホ→kindle端末に代わることで睡眠の質が上がります。

月額980円で多くの本が読み放題になるkindle unlimidの登録もマストですよ!

おわり

スポンサーリンク