nomumini blog ミニマルライフときどきキャンプ

【ミニマリスト】テレビのない生活はじめました|家族、子どもへの影響は?

LIFE

最近では「若者のテレビ離れ」なんて言葉をよく耳にするほど、テレビを持たない暮らしをする人も増えていますね。

我が家にはテレビがありません。

家族で暮らしていると無理じゃない?と思われることがありますが、
全く問題ない、というか正直メリットしかありませんでした…!

当たり前にテレビを見ている時って、テレビのない生活はなかなか想像し難いものだと思います。

本記事では、家族がいるけどテレビがない暮らしについて、ご紹介します。

こんな人に読んで欲しい記事です。

  • 家族と暮らしているけど、テレビのない生活が気になる人
  • テレビを手放したいけど勇気が出ない人

テレビなし生活を始めたきっかけ

いつの間にか、子ども用のモニター化した

結婚して夫婦2人で暮らしている頃は、テレビをつけることが当たり前で、面白いかどうかに関係なく、家にいればテレビは付けっぱなしという生活でした。

子どもが生まれて、子どもがアニメに興味を持つようになった頃から、テレビをつけるとアニメじゃないと嫌がるので、いつの間にかテレビはYoutubeかamazonプライムビデオを見るためのモニター化。

テレビで地上波を見る機会が減ると、「テレビを観たい!」という気持ちも徐々になくなってきました。

amazon Kids タブレットを購入

娘がアニメを見るためだけなら、テレビじゃなくてもいいんじゃないか…?
と思ったことをきっかけに、子ども用タブレットの購入を考えました。

いろいろ調べた結果、amazon Kidsタブレットを購入。

テレビの代わりなので、一番大きい10インチを選びました。

amazon Kidsタブレットは、アニメを見るだけでなく、知育ゲームや絵本も入っているので、テレビよりも良い!
また、アプリごとに使用時間を制限できるので、使いすぎを防止できるのも良い点です。

テレビを断捨離

タブレット購入から3ヶ月くらい、テレビを付けずに生活したところ、全く問題なかったのでついにテレビを断捨離。
NHKも解約できたので、固定費も節約することができました。

テレビを手放して感じたメリット・デメリット

メリット

テレビを手放したことにより感じたメリットは以下のとおり。

  • 部屋が広くなった
  • 自由な時間が生まれた
  • 固定費(NHK)を削減できた
  • 家族で会話をする時間が増えた

なかでも時間が増えたのが一番のメリットだといえます。
テレビってどうしても受け身になってしまうので、「絶対見たい!」という番組ではなくても、流れているままに見てしまって多くの時間を浪費してしまいます。

テレビがなくなることによって生まれた時間は大きいです。


その時間は子供と遊んだり、読書をしたり、こうしてブログを書く時間にあてています。

デメリット

以下の点は、人によってはデメリットになるかもしれません。

  • 静かな空間に慣れて、耳が敏感になる
  • 話題についていけないことがある

テレビを見ないと、たまにBGMを流すことはありますが、基本的に家は静かなので、
私も夫も静かな家で過ごすことに慣れてしまい、大きい音に敏感になりました。
これが直接影響を及ぼすシーンは少ないですが…

最近ではテレビを見ない人も増えているので、話題についていけないという悩みはほとんどなくなりました。
また、主体的に情報を取りに行かないと、情報が入ってこない状態なので、ネットニュースなどをうまく活用することは必要になります。

家族とテレビの関係

パートナーへの影響は?

自分は見ないけど、夫(妻)が見る…なんてご家庭も多いと思います。

我が家の場合、私がテレビを見なくなると、夫もテレビを見なくなりました。
テレビを見ないことを強要したわけではなく、どちらかが見ると一緒に見る、という感じだったので、

どちらかが見ないことを選ぶと、二人とも見なくなる。

という結果でした。

これはご家庭によって様々だと思いますが、よほどのテレビっ子ではない限り、パートナーがテレビを見なくなると、多少なりとも影響を受けてしまうものなのかもしれません。

子どもへの影響は?

テレビがないというと「子供がかわいそう」と言われたこともあります。(特にご年配の方から…)

我が家には保育園児の娘がいますが、同じようにお子さんがいるご家庭では、「テレビがないと困る」という方もいると思います。

しかし、娘は毎日おうち時間を楽しんでいますし、周りの子たちと話が合わないこともないです。
(amazonプライムでプリキュアも見れる!)

子ども同士の話題が「テレビ」ではなく「Youtube」になっている点は、時代は変わったな〜と感じます。

テレビを断捨離したら、プロジェクター導入がおすすめ

映画好きの方にとって、パソコンの画面で映画を見るのは迫力に欠けるものがあると思います。
プロジェクターがかなりおすすめです。シーリングライト一体型のプロジェクターや、小型で高性能なものなど様々な種類がありますが、我が家で使っているのは6000円程という安価なもの。

こちらのものです ↓

高性能で効果なものと比べると劣りますが、音はスピーカーを繋いで耳元に置いて、壁いっぱいの大画面で映画を投影するとかなり迫力があります。

プロジェクターを購入してから映画館にも行かなくなり、週末は家族でホームシアターを見ることも楽しみになりました。

(popin aladdin2ならきっともっと最高)

家族にとって必要かどうか考えよう

テレビを見ていた頃は、ちょうど周りで4Kで大きめのテレビに買い替えるというラッシュが続いていて、ついつい「4Kすごい!うちもテレビ買い替えなきゃ!」という気持ちになっている時期がありました。

ですがあるとき、「当たり前」を疑って「自分たちにテレビは必要なのか?」を真剣に考えて
「不要かもしれない」と気づいた時は、何だか妙にすっきりしました。

テレビを手放したい方の後押しになれば嬉しいです。

よろしければこちらも。

スポンサーリンク